オフィス移転のポイント

オフィス移転はやることが多いため、手が回らず忘れてしまう手続きもあります。

オフィス移転の際に気をつけたいことの1つとして、インターネットや電話の手配があります。

これらの手続きは1〜2週間ほどかかるのが通常ですが、お盆や年末年始など企業の連休が続く時期は手続き完了までに3週間ほどかかる場合もあるため、オフィス移転が決まったら早めに手配するようにしましょう。手続きが遅れて使用開始時期が遅くなるようなときは、インターネットであればWi-Fi契約、電話は旧オフィスの回線を管理会社に連絡して転送してもらうなどの応急処置をとりましょう。
移転の際は、新しいオフィスの内装工事と旧オフィスの原状回復工事が必要になるため少なくても1ヶ月ほど、賃料の重複が発生します。



費用を少しでも抑えたいという場合は、契約開始から数ヶ月間は賃料が無料になるフリーレントというサービスがあるため、あらかじめフリーレント付きの物件を選ぶようにしましょう。
また、移転が終わったら契約しているお客様に迷惑をかけないためにも早めにオフィス移転のお知らせをしましょう。
移転後スムーズに仕事に取りかかれるためにも1ヶ月〜3週間前、遅くとも10日前までには関係している場所へ知らせることが大切です。



移転作業を業者に依頼する場合、金額にとらわれすぎないようにするのも必要です。

今、話題の便利なジョルダンニュース!の情報を多数ご用意したサイトです。

依頼する業者が建築業の許可を取得しているのか、業者のHPにオフィスの施工事例があるのかを確認して依頼することで、トラブルを防ぐこともできるでしょう。