自営業者がオフィス移転をするメリットとデメリット

自営業者がオフィス移転をすると知名度が上昇、お客が増加し収入が増える、移転は成功だったと満足などのメリットが期待できます。


例えば人があまり来ない郊外から、人通りが多い商業地へオフィス移転したとします。


郊外で事業を行っていた時は、人があまり少ないことから知名度も低く、仕事の話があまりこない状況だったと想定されます。

商業地へオフィス移転後は、人通りが多く看板を見る人も増えていくため、知名度の上昇につながります。


そして、お客が増えていくきっかけになり、自身の収入も増えていきます。


ただ、お客の数が一気に増えた場合は、1人では仕事をこなしきれない状況のはずです。

産経ニュースの情報が欲しい方必見です。

自身のサイトか安定所のほうに、短期バイトの募集の情報を入れるのも悪くないです。1人では難しくても、何人かが集まれば仕事をこなすことができます。また、上手く利益を出せた場合は、オフィス移転してよかったという結果になります。

移転前の土地は、事務所ではなく倉庫として利用すると便利です。



デメリットは移転には多額の費用がかかる、以前の顧客に移転したことを教える必要が生じるなどです。



事務所だけを移転させたいと考えた際は、土地や建物を購入してオフィス移転するのではなく、事務所をレンタルするといいです。レンタルなら毎月一定額の費用を支払うだけで済むので、購入をするリスクを避けることが可能です。


あと、以前の顧客に移転したことを教えていないと迷惑をかけてしまうので、必ず移転先の情報を伝えましょう。